妊活中に良いものとは

ハーブティーは妊活中におススメです!

ハーブティーは薬効成分があり、昔から色々な症状に合わせて薬として飲まれていました。日本でも近年の健康志向ブームで、おしゃれなカフェなどでも飲めるようになりました。体を温めたり、免疫機能を高めたりと妊活中に効果があるといわれるハーブティーも存在しています。その中からいくつか紹介しましょう。

ネトル

セイヨウイラクサともいわれ、ビタミンやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分、特に鉄分が多く含まれています。血流を良くする働きがあり、貧血予防や生理時の出血量を調整する働きもあります。香りは抹茶に似ていて飲みやすいハーブティーです。

ラズベリーリーフ

子宮に良いといわれています。フラグリンという成分により、子宮筋の収縮調整する作用があり、生理痛がひどい人にも良いといわれています。子宮に作用するので、妊娠が疑われる妊娠初期の人は飲まないように注意しましょう。味はほうじ茶や緑茶に似ていてさっぱりしています。

ローズヒップ

バラの実のハーブです。ビタミンCが豊富ということで有名ですが、カルシウム、ビタミンAやE、鉄分も含まれていて、ホルモンバランスを整え、免疫力を上げます。生理不順や生理痛にも有効とされ、美容にも優れています。出来ればハーブティーだけではなく、実そのものを食べるとさらに効果がアップします。

他にも妊活中に良いといわれるハーブがあります。「シャタバリ」は滋養強壮や子宮の働きを良くするといわれています。「オレンジピール」は抗うつ作用があり、妊活中のストレスを取り除いてくれます。また、日本でも生姜湯として有名な「ジンシャー」は体を温めてくれる作用があるので冷え症に効果があります。

-妊活中に良いものとは