妊活中に良いものとは

妊活には湯たんぽが効果的!湯たんぽで冷え対策!

女性にとって「冷え」は大敵だといわれています。体を温める方法はたくさんありますが、湯たんぽで温めることが見直されています。どのような利点があるのかということを説明します。

「冷え」が妊活に良くない理由

手足や身体が冷えると血液の流れが悪くなります。特に足の血液は子宮の近くを通って心臓に戻るのです。冷たい血液が子宮や卵巣を冷やしてしまい、卵子の発育や子宮内膜に影響を及ぼしてしまいます。

体温が下がると、免疫力も基礎代謝も落ちてしまいます。免疫力低下は風邪などの様々な感染症にかかるリスクが増えます。また、基礎代謝が落ちると肥満にも繋がります。どちらも妊活中には注意しなくてはなりません。

湯たんぽのメリットと活用方法

最近の湯たんぽはかなり小さいものもあるので、オフィスや戸外でもコンセントなしに使用できます。寒い冬だけではなく、夏の冷房対策にも活用できます。

湯たんぽ使用時の注意

・お湯は決められた量を入れましょう。お湯が少な過ぎたりすると、破損などトラブルの原因にもなります。45度位の温度でも低温やけどの可能性があるので、一時間を目安に温める場所を変えましょう。湯たんぽカバーや、毛布などを巻いて使用し、直接肌に触れないようにしましょう。

湯たんぽの効果的な使い方

冷たい体のまま、お風呂に入っても意外と体の芯まで温まらないことがあります。そういう場合は、湯たんぽで体を温めてからゆっくりお風呂につかると、体の芯まで温まります。また、体が冷たくてよく寝られないという人は、湯たんぽをあらかじめ布団の中に入れておくと、気持ち良く寝付くことが出来ます。

湯たんぽで体を温めて、冷え対策をしてみましょう!

-妊活中に良いものとは