不妊症は夫婦で治す

女性だけではありません。男性も不妊症になるんです。

妊娠を望んで、一年経っても妊娠しない場合を不妊症といいますが、女性だけではなく男性が不妊症という場合もあります。病院で検査するときは、カップルで行くことが望ましいのです。

男性の不妊症には生まれつきものと後天的なものがあり、生まれつきのものは遺伝的要因や発育段階で受けた影響によって性機能不全になってしまったものです。

後天性の男性不妊症の原因としては、ストレス、喫煙、飲酒、糖尿病などの病気、薬による薬害、精巣損傷や精子の作られ方など、様々な原因が考えられます。男性不妊症の原因の約9割が造成機能障害だといわれています。どのような種類があるのかみてみましょう。

造成機能障害の種類

無精子症

精液の中に精子が全くいないという状態で、かなり深刻な状態です。しかし、精巣や精子上体に精子の存在が確認できれば、顕微授精することが可能です。

乏精子症

精子は存在するけれども、基準と比べると少ないという場合の症状です。基準値より少しだけ少ないというような場合はタイミング法が行われます。基準値よりかなり少ない場合は人工授精や体外受精、さらには顕微授精の治療を行います。

精子無力症

精子の数は正常なのに、精子の運動率が非常に悪いという症状です。医師の判断のもとで人工授精や顕微授精の不妊治療をします。

その他の男性不妊症の原因

精子が通る精管のどこかが詰まっている閉鎖性無精子症、精液が作られない無精液症、精液が尿道に送らずに膀胱に逆行する逆行性射精、勃起が不完全な勃起不全(ED)、陰嚢内の温度上昇などによって精巣の発育不全が起こる精索静脈瘤等、様々な原因があります。不安を感じたら検査することをお勧めします。

-不妊症は夫婦で治す